債務整理で借金解決ガイド

債務整理で
借金解決ガイド

債務整理とは?手続きの種類や特徴を詳しく解説!

債務整理とは?手続きの種類や特徴を詳しく解説!

債務整理(さいむせいり)とは、その名の通り、債務(借金)を整理する事をいいます。 債務整理をする事で、借金を減額したり、支払いに対して猶予をもたせる事ができ、借金のある生活から解放されるための手続きです。

借金問題を抱え、日々苦しんでいる方々の多くは、債務整理と言う法律で守られた解決方法で借金から救われる道があります。あなたに合った手続きを見つけて、少しでも早く辛い借金生活から抜け出し、明るい未来の為の再スタートを切りましょう!

債務整理って一体どんな手続き?

債務整理を行う事によって、債務(借金)が完全に無くなったり、債務(借金)の一部が免除されたり、毎月の返済額を今よりも少なくする事ができます。

今現在、債務(借金)に苦しみながら暮らしている生活から解放されるという絶大な効果があります。

債務整理の種類は?

債務整理の手続きには、『過払い金請求』『任意整理』『個人再生』『自己破産』『特定調停』という5つの手続きがあります。 それぞれの方法で全く内容が異なります。

それでは、それぞれの手続に関して、簡単に説明していきましょう。

過払い金請求

今まで、返済してきた借金の中で、本来は支払う必要が無かったにもかかわらず、貸金業者に対して支払い過ぎたお金の事を過払い金といいます。

過払い金請求では、この払い過ぎたお金がいくらあるのかを計算して、貸金業者に対して返還請求をする手続きです。この手続を行うとあなたにも過払い金が戻ってくる可能性があります。

長年借金の返済をされていた方は、もしかしたら借金が貯金に変わるなんて事があるかもしれません。 まずは、自分自身に過払い金があるのか、あるとしたらそれがいくらになるのかを知る事から始めましょう。

任意整理

任意整理とは、債務者に対して債務(借金)の減額や金利(利息)の引き直しなどを交渉する事で、月々の返済金額を減額して、日常生活に支障が無い範囲での返済ができるようにする債務整理の手続きのひとつです。

任意整理の手続きを行った結果、過払い金が発生していた事が判明する事があり、その場合は過払い金請求をする事で払い過ぎたお金も取り戻す事ができます。それと裁判所を通さずに貸金業者と交渉すると言うのも特徴です。

個人再生

個人再生とは、現在ある借金の返済が困難である事を裁判所に認めてもらい、減額された借金を約3年~5年の期間に分割して返済していく手続きです。

借金の総額が5,000万円以下の方は、最低返済額が最大で1/10まで減額される可能性があります。個人再生では、住宅などの財産を残したまま借金の整理をする事ができると言う特徴があります。また、特定の職業に就けないといった資格制限を受ける事もありません。

自己破産

自己破産とは、債務整理の手続きのひとつで、財産が無い事により、借金の返済ができないと言う事を裁判所に認めてもらい、法律上で借金の支払い義務を免除してもらいます。

手続きを行うと、住宅や車などの高価な財産は手放す事になりますが、今後得られる収入は返済に回す必要が無く、生活費に充てる事ができます。それに自己破産をしたからと言って、手続きの履歴が戸籍に残ってしまったり、務めている会社や就職に支障がある事もありません。それと、家族が保証人になっていない限り、家族にも影響が出ることはありません。

特定調停

特定調停とは、裁判所で調停委員を介して、債務者に対して債務(借金)の減額や金利(利息)の引き直しなどを交渉する事で、月々の返済金額を減額して、日常生活に支障が無い範囲での返済ができるようにする債務整理の手続きのひとつです。