債務整理で借金解決ガイド

債務整理で
借金解決ガイド

任意整理とは?知らないと損をする任意整理の仕組みやメリット・デメリットを徹底解説!

任意整理とは?知らないと損をする任意整理の仕組みやメリット・デメリットを徹底解説!

任意整理(にんいせいり)であなたを長年苦しめている借金問題の解決ができることをご存知ですか?

任意整理(にんいせいり)とは、簡単に言うと支払い過ぎた利息分、更には将来支払う金利(利息)をカットして、月々の支払い返済額を軽減する債務整理の手法のひとつです。

任意整理を行う事で月々の返済を楽にする事ができます

任意整理を行う場合、貸金業者との取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利(利息)を引き下げて再計算(引き直し計算)をし、借金を減額した上で原則として本来かかる金利(利息)をカットして、元金のみを約3年程度の間に分割で返済する内容の和解を貸金業者と結びます。

和解成立以後、この内容に従って返済をしていく事で、借金を整理する手続きです。

任意整理を利用できる方

減額後の借金を約3~5年程度の期間で返済できる方

任意整理を行う場合、分割返済の期間は3年間(36回)がひとつの目安となります。しかし状況次第では5年間(60回)など期間を延長する事も可能です。

継続して収入を得る事ができる見込みがある方

任意整理は、今ある借金を減額して元金を返済して行く手続きです。 このため、返済する為に継続的に収入が見込める必要があります。 同時に貸金業者と交渉をする際にも、収入がないと和解に応じてもらえません。

任意整理のメリット・デメリット

債務整理の方法のひとつ、任意整理のメリット・デメリットを簡単に説明します。 債務整理のメリット・デメリットのそれぞれをしっかりと理解・比較した上で、正しい借金問題解決の方法として任意整理を活用していきましょう。

メリット

完済までの期間が早い

原則として任意整理の手続き後は将来の利息がカットされる為、完済までの期間が早まります。

借金が減る

利息制限法の上限金利への引き直し計算により、債務総額が減少します。また、貸金業者との取引期間が長い場合、過払い金が発生している可能性もあります。

一部の借金だけ整理できる

任意整理自体がとても自由度の高い手続きです。 例えば複数の会社から借入がある場合、一部の債権者だけを整理するという事も可能です。

支払い督促が止まる

弁護士や司法書士に正式に任意整理を依頼する事で、 『貸金業法21条1項9号』に『貸金業者が弁護士・司法書士から受任通知を受け取った後に直接請求を行ってはいけない』という法律により、債権者からの支払い督促が止まります。 多くの人にとって、督促の連絡はとてもストレスに感じると思いますので、これが最大のメリットかも知れません。

デメリット

ブラックリストに載る

任意整理を行うと、貸金業者によって信用情報に『債務整理を行った』という事実を登録され、以後約5年間は借入やローンが組めなくなります。 (これをブラックリストと呼びます)

借金が残る

自己破産や個人再生と比較すると、借金が免除されたり大幅に減額される訳ではないので、債務総額を減額させる効果はそれほど高くありません。

和解できない場合がある

最近は任意整理手続きに応じない業者が増加の傾向にあります。このため、和解が成立しないケースがあります。

安定した収入が条件

任意整理は、一言でいうと貸金業者と交渉して、毎月無理のない金額に分割して返済しやすくする手続きです。 このため、安定した収入がないと任意整理を行う事ができません。

任意整理の手続きの流れ

それでは、任意整理を実際に弁護士や司法書士などの専門家に依頼した際に、手続きがどの様に進んでいくのかを見ていきましょう。

受任通知発送

弁護士や司法書士の法律事務所から債権者に対して受任通知を発送します。これにより、債権者からの督促・取立がストップします。

取引履歴の開示・引き直し計算

貸金業者から開示された取引履歴をもとに、利息制限法の上限金利(15~20%)に基づく引き直し計算を行い、その時点での借金総額を確定します。 (多くの場合、借金総額が減額されます。借金が増えるということはまずありません)

和解交渉

利息制限法の上限金利により再計算した債務と将来金利をカットした上で、分割払いする旨の和解案を提示して、貸金業者を和解内容について交渉を行っていきます。 和解成立後、和解の内容をもとに合意書を作成します。

合意書に基づく支払いの開始

合意書に記載された和解内容に基づき、貸金業者に指定された口座に毎月返済を行っていきます。 この時点で借金がかなり減額された状態となっていますので、毎月の返済は手続き前よりもかなり楽になっています!

任意整理を行う際に注意すべき事

任意整理に強い弁護士・司法書士に依頼する

任意整理はひとことで言うと、債権者からの督促・取立を止めて元金のみをしっかりと返済していきましょう。という合意です。 この合意の内容は、弁護士や司法書士が債権者に対して和解交渉を行う際に債務者の返済能力を加味して、話し合って決めていきます。

例えば、この合意の際に無理な返済金額や返済期間で合意が形成されてしまうと、債務者(つまりあなた)が返済途中で破綻してしまう可能性があります。 このため、債務整理を専門とする実績のある事務所を選ぶという事がとても重要になってきます。

任意整理後の支払い滞納はNG

債務者、つまりあなたに落ち度があって合意内容が守られない場合、依頼した弁護士・司法書士が辞任してしまうことがあります。 具体的には、連続して2回の支払いを滞納してしまうと、弁護士・司法書士に辞任されてしまう可能性がとても高いです。

これはどういう事かというと、ほとんどの和解契約の合意書の中には『2回以上の滞納で期限の利益を失う』という文言が盛り込まれている為です。 具体的には『約束の期日が来るまで返済しなくて良い権利』が喪失するという事です。もっと言うと、貸金業者は滞納者に対して残りの借金を一括請求できるようになり、債務者はそれに応じる義務が生じます。

これに加え、弁護士・司法書士に辞任されてしまうと、債権者からの督促・取立も再開してしまいます。 合意書の支払いの期日は何があってもしっかりと守りましょう!